太い脚,遺伝

クリスチャンスキニーの良い口コミと悪い口コミを徹底比較!

クリスチャンスキニーの良い口コミと悪い口コミを徹底比較してみました。クリスチャンスキニーの口コミからわかる実際の効果は?

私の太い脚って、もしかして親からの遺伝?

 

自分の体型が気になった時に、もしかしたら親からの遺伝じゃないかと心配する人も多いです。

 

もし遺伝で自分の体型が決まっているとしたら、今の親の体型を見て愕然としてしまっている人もいるんではないでしょうか。

 

果たして本当に遺伝だけで自分の体型は決まってしまっているのでしょうか。

 

遺伝と太りやすさの関係をしっかり調べてみました。

 

遺伝子はどこまで体型に関係しているの?

遺伝子は家族の特徴を決める重要な役割をしていて、顔の特徴や背の高さいろいろなところに関係しています。

 

身内の結婚式などで久しぶりに出会ったときに改めて似ていることを再確認した経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

思った以上に人間の特徴を決めるのに関係している遺伝子ですが、肥満にも遺伝子は関係しています。

 

医学の研究で肥満に遺伝子が関係しているというのは、世界中で確認されていて、確率まで出されています。

 

具体的には、両親とも標準体重の場合、子が肥満になる確率は約10%、父・母のどちらかが肥満の場合は約50%、両親ともに肥満の場合は約80%だそうです。

 

以外に高い数字でびっくりされたかもしれませんが、この遺伝子の問題よりも一番肥満に関係してくるのが環境の要因と言われています。

 

環境といわれてもピンとこない人が多いと思いますので、次で詳しくお伝えします。

 

環境が原因で太るの?

前で肥満の原因が環境の要因であることが高いと伝えましたが、環境とは気温の高い低いなどの環境とは少し違います。

 

食事はゆっくりでよく噛む人と、早く済ませてしまうので、あまり嚙まないで流し込んでしまう人など食事のとり方は人それぞれで違いが出てきます。

 

座り方でも、あぐらをよくかく人と、正座して座ることが多い人、椅子に座ることが多い人この生活パターンの違いがここで言う環境の要因になります。

 

一般的に、正座でよく座る人は、血流や座った時の脚の脂肪の位置などで脚が太くなりやすいと言われています。

 

家の中で椅子によく座るような環境にしている人と、畳にちゃぶ台のように正座で座ることが多い人では脚の太さに違いが出てくるのです。

 

また、この環境要因は自分の育った環境と似た状態を好む人が多く、このため親が肥満の場合、離れて暮らしているのに子供が肥満になっているということになってしまうのです。

 

しかし、逆に考えると、遺伝子的な問題で肥満になりやすくても、この環境をスリムな人の毎日の生活に似せたりして痩せやすい環境に整えてあげると、ゆっくりではありますが、ダイエットにつながります。

 

自分の両親や親族を見て太りやすい遺伝子を持っていそうだと思った人は、痩せやすい生活環境になるようにより気をつけることで、親と同じ体系は回避されやすくなるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?体型は遺伝子による要因も確かにありますが、一番重要なのはその人の毎日の生活環境です。

 

親のせいだと自分の体型をあきらめず、太る習慣や環境を改善して、理想の体型を目指しましょう。

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報